テニスラケットのフレーム厚はどう選ぶ?

テニスラケットのフレーム厚の選び方とは?

テニスラテニスラケットを選ぶときに無視できないのが、フレームの厚さです。
「厚ラケ」や「薄ラケ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これらはラケットのフレームの厚さのことを指しています。
フレームが厚いほどボールがよく飛び、薄いほど飛ばなくなります。

 

フレームが厚いラケットの特徴はフレームの硬さ&強い反発力です。
少ない力でボールがよく飛ぶため、ボレー中心のプレースタイルの方、女性やご年配の方におすすめです。
普段あまりスポーツをしない方、初心者の方でも扱いやすいラケットです。

 

フレームが薄いラケットはフレームが柔らかいため、ラケットが「しなり」スピンを掛けることが得意です。また細かいボールコントロールも可能になります。
力のある方、ヘッドスピードが早い方といった中上級者が好む厚さのラケットといえます。

 

フレームが厚い方がよく飛ぶなら、厚いラケットの方が良いと思われがちですが、力が強い方が厚いラケットを使うと飛びすぎてしまいアウトになってしまいます。だからといって手加減してストロークをすると、本来の打ち方ができません。
薄いラケットはスピンとコントロールが向上しますが、ある程度の力が必要です。自分の筋肉以上に飛ばないラケットを選んでしまうと、必要以上に力んでしまい、かえってコントロールがきかないなんてことにもなりかねません。
厚ラケ・中厚・薄ラケ色々な厚さがありますので自分の実力に合わせたフレーム厚のテニスラケットを選ぶようにしましょう。