軟式と硬式で違うテニスラケットの選び方

スポンサードリンク

軟式と硬式でテニスラケットの選び方はこう違う!

テニスには大きく分けて「軟式」と「硬式」の2種類があります。
軟式と硬式では使用するラケットが全然違うので、間違えて買ってしまわないよう気を付けてください。

 

まず軟式テニスの公式試合ではソフトテニス協会が認定した3社のメーカーのラケットを使用しなければなりません。
硬式用のラケットしか持っていない場合、大会に出場すること自体ができません。
それだけでなく、硬式テニスのラケットは柔らかいボールと相性が悪いです。
実際に硬式ラケットで軟式ボールを打ってみると分かりますが、全然飛びません。
無理に力任せにテニスラケットを振ってしまっては、肩や腕の怪我にも繋がってしまいます。

 

軟式のボールは柔らかいのでポーンと飛ぶイメージがありますが、硬式のボールより跳ね返る力が弱いので実際には飛びにくいのです。
飛びにくいボールを飛ばすために、軟式のテニスラケットは大きく柔らかくしなって、反発力を発揮できる作りになっています。
軟式テニスのラケットで硬式のボールを打つと、衝撃に「しなり」が耐えられずラケットが壊れてしまうので、絶対に避けましょう。

 

このように軟式用のラケットと硬式用のラケットは、構造から働きまで、全くの別物です。
自分が取り組むテニス用のラケットを間違いなく選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク