ダンロップのテニスラケットの特徴は?使用するプロ選手たち

スポンサードリンク

ダンロップのテニスラケットの特徴は?使用するプロ選手たち

ダンロップのテニスラケットの特徴

ダンロップの特徴の一つがバイオミメティックスシリーズ。
バイオミメティックスとは生物や自然の運動メカニズムを応用する科学技術のことで、生物や自然からヒントを得た技術が搭載されています。

 

例えばエアロスキンCXはサメの表皮構造を応用した物で、空気抵抗を減少させる効果があります。
また、植物の麻から抽出した繊維を利用したバイオファイバーというものもあります。
バイオファイバーをカーボンで挟むことで衝撃吸収効果がアップ、ショットの安定感も増しているのです。

 

またダイアモンドカーボンNEX、エアロジェル素材など常に新しい素材をフレームに採用していくのもダンロップの特徴。
自然と科学の融合で、新しいラケットを開発し続けています。

 

スポンサードリンク

 

ダンロップのテニスラケットを使用するプロ選手たち

ダンロップのテニスラケットの愛用しているプロ選手をご紹介します。
まずはシュテフィ・グラフ選手。テニスファンで知らない人はいないほどの有名な女性プロ選手です。
彼女はダンロップのテニスラケットを愛用していました。
ただし、現役中ずっとダンロップという訳ではなく、93年後半からウィルソンへと切り替えています。
それでも93年までに凄まじい実績を残しています。
彼女は1987年にシングルス世界ランキング1位になり、そこから186週連続世界1位をキープしました。
これは未だに破られていない女子テニス史上最長の記録です。
また88年には1年で4大大会全てを制覇する年間グランドスラムを達成します。
さらに同年開催のソウル五輪でも金メダルを獲得しました。
この偉業は年間ゴールデン・スラムと呼ばれ、男女プロを通じてシュテフィ・グラフ選手だけしか達成できていません。
現役の選手でダンロップのテニスラケットを愛用している選手ではニコラス・アルマグロやユルゲン・メルツァーがいます。
二人とも4大大会シングルスでの優勝経験はありませんが、世界ランキングでトップ10内に入るほどの実力者です。

 

国枝慎吾選手

ダンロップのテニスラケットの愛用者にはマッケンロー、ステフィ・グラフなど伝説の名選手がいます。
もちろん日本人でもダンロップのテニスラケット愛用者でも、素晴らしい実績を残している選手がいます。
それがプロ車いすテニス選手の国枝慎吾さんです。

 

国枝慎吾選手は車いすテニス界では圧倒的な実績を持つ選手です。
車いすテニスのメジャー大会でシングルス28勝、ダブルス20勝。この記録は男子車いすテニスで歴代最多の記録です。
またパラリンピックでも3個の金メダルを獲得しています。

 

国枝慎吾選手は日本の車いすテニス選手として初めてのプロ選手です。
2009年にダンロップと用具契約を結び、同じ年にユニクロと所属契約を結んでいます。
ちなみに愛用しているテニスラケットはバイオミメティック300。

 

スポンサードリンク

 

2010年9月にはシングルス100連勝を達成します。
これも車椅子テニス史上初の偉業です。
ロジャー・フェデラーも国枝選手のことを高く評価していて、日本男子テニスの低迷について聞かれた時、日本には国枝がいると答えていました。
これは錦織選手が躍進する前、2007年の話ですが素晴らしいことですね。

 

ジョン・マッケンロー選手

ダンロップのテニスラケットを語るうえで外せない選手が、ジョン・マッケンロー選手です。
1980年代を中心に活躍した名選手でシングルス・ダブルスの両方で世界ランキング1位になった選手です。
マッケンローは審判の判定に納得できない時は、暴言や悪態をつくのが当たり前でした。
そのため付いたあだ名が「悪童マッケンロー」。

 

マッケンローが活躍した80年代はテニスラケットの素材がウッドからカーボンやグラスファイバーなど新素材に変わる転換期でした。
マッケンローはダンロップのMAXPLYというウッド製のテニスラケットを愛用していましたが、ライバルであるチェコスロバキアのイワン・レンドル選手に7連敗します。
その後ダンロップのカーボン製テニスラケットMAX200Gに切り替えてから、レンドルに勝ち始めマッケンローは全盛期を迎えます。
このラケットの切り換えは、弟のパトリックの助言にしたがったからだそうで、引退までこのラケットを使い続けました。(意外と素直な一面もあります)
シングルスでの活躍は80年代半ばがピークでしたが、ダブルスでの活躍はその後も続きます。
92年には全英・全米オープンのダブルスで優勝、同年に33歳で現役を引退します。
ところが2006年にダブルスでツアーに復帰し、33歳のビョルクマン選手とペアを組んでツアー優勝を飾っています。マッケンローの当時の年齢はすでに47歳で、まさに伝説とも呼ばれている優勝として語り継がれています。

 

スポンサードリンク

ダンロップのテニスラケットの特徴は?使用するプロ選手たち記事一覧

ダンロップ・テニスラケットの特徴とおすすめラケットをご紹介

ダンロップのテニスラケットの特徴ダンロップのダンロップは自社ラケットに強い愛着を持っていて、テニスラケットの特徴は常に最新の技術が搭載されていることです。球を打つときに独特のホールド感があるラケットが多く、「この感触がないとダメ」とこだわりが強いファンが多いのも特徴の一つでしょう。そんなダンロップの...

≫続きを読む

ダンロップ・テニスラケットの歴史について

ダンロップはジョン・ボイド・ダンロップ氏が創業したイギリスの会社です。タイヤメーカーとして創業し今でもタイヤメーカーの世界シェアナンバーワン、トップブランドです。CMでもお馴染みなので、ダンロップと聞くとテニスラケットではなくタイヤのイメージがわく方も多いかもしれません。しかしタイヤに負けずとも劣ら...

≫続きを読む