シングルとダブルスでのテニスラケットの選び方の違い

スポンサードリンク

ダブルスのテニスラケットの選び方|おすすめラケットをご紹介

ダブルスではシングルとは違ったプレースタイルが求められますよね。
ダブルスのときに使用するテニスラケットはいつも感覚が変わらないよう、シングルのときと同じものを使う方が多いです。
しかし、意外とシングルとダブルスでラケットを使い分けている方もいらっしゃいます。
もし、「シングルだと上手くいくんだけどダブルスだとどうも本調子にならないなぁ」と感じる方は、ラケットを使い分けると上手く行く場合もあります。
シングルとダブルスではプレースタイルが変わりますので、当たり前と言えば当たり前ですね。

 

スポンサードリンク

 

ダブルスのテニスラケットの選び方

ダブルスではどんなラケットを選ぶといいのでしょうか。
一般的に前衛のネットプレーでは、フレームが厚めで、ラケットのヘッドの部分が軽めの物を選ぶと良いとされています。
ノーバウンドで打ち返さなければならないため、ラケットの形状が二本シャフト(二股)のものを選ぶのも効果的。

 

後衛側でプレーする場合、遠くから強力なストロークを打ち返す必要があります。
パワーとコントロールが優れたラケットが理想です。重視の一本シャフトのものも良いでしょう。

 

しかしダブルスでは、前衛も後衛も順番にこなす必要があります。
さらに対戦相手からボレーが来たりと、急なラケット操作を要求されるシーンが多いです。
そのためある程度の重さ、フェイス面があって、スイートスポットを逃しても相手コートにボールが返るようなラケットが理想といえます。
極端に重いラケットは緊急の動きに対応できませんし、フェイス面が狭いラケットではボールをこぼす恐れがあります。
そうなるとダブルス向きのラケットは、重さ300g程度、フェイス面100インチ程度の、いわゆる「黄金スペック」だといえます。
ダブルスは攻める時も、守る時もあるため、両方をこなせるバランスの取れたラケットが一番です。

 

ダブルスでおすすめのテニスラケットは?

具体的には世界で一番売れているといわれる、バボラの「ピュアドライブ」なんかいいですね。
または、ジョコビッチ選手のモデルをオールラウンダー向けに改良した、ヘッドのグラフィンタッチスピードMPなんかもおすすめです。

 

シングルは技術やパワーや体力の勝負になりますが、ダブルスでは戦略とチームプレーが大切になります。
シングルとは別の楽しみ方でプレイできるので、自分に合ったダブルス用のラケットを選んでみてください。

 

スポンサードリンク